大型スーパー利用でクレジットカードを比較するときのポイントはどこにあるのでしょうか?ここでは大型スーパー利用でクレジットカードを選ぶ際の比較すべきポイントについて解説します。

1.家や会社の側の大型スーパーのクレジットカードを選ぶ

大型スーパーのクレジットカードには割引特典があるのです。しかし、いくら割引が豊富でも、日常的に利用しない大型スーパーであれば、まったくと言っていいほど意味がありません。

毎日とは言わないものの、3日1回、最低でも週1回はその大型スーパーで買物するという方でなければ、わざわざクレジットカードを作っても意味がないのです。

大型スーパーの場合は、日用品や食料品を中心に特定日に5%OFFというものがほとんどですので、日常使いする大型スーパーのクレジットカードを選びましょう。

家や会社に近い、よく利用する大型スーパーのクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

2.割引率と割引適用日

次に重視したいのはポイントが倍増する「割引率」と「割引適用日」です。

割引率は、何%OFFになるか?なので簡単ですが、意外と重要なのは「割引適用日」です。

西友のクレジットカードで考えてみると

  • セゾンカードインターナショナルは、毎月5日、20日に5%OFF
  • ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは、毎日に3%OFF

です。割引率だけでみれば、セゾンカードインターナショナルの方が高いのですが、月に2回だけなので、日常使いする方であればあるほど、ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの方がお得ということになるのです。

割引が月に2回か、3回か、というたった1日の違いだけでも、10日1回のペースならある程度買い物をそこに合わせてまとめ買いすることもできるので、実は大きない違いなのです。

割引率を比較するときは、割引適用日も合わせて比較しなければ意味がないのです。

3.電子マネーが付帯されているカードを選ぶ

大型スーパーのクレジットカードは、あくまでも対象の大型スーパーでの割引利用を目的として作るものです。しかし、電子マネーがあるとかなり便利に貯まったポイントなどを使うことができます。

nanacoやWAONといった電子マネーに直接ポイントが貯まるクレジットカードの場合、貯まったポイントを日常的な買い物時に使うことができるので、ポイントの使い先に悩む必要もないのです。

4.大型スーパーのクレジットカードは複数枚併用も検討する

年会費永年無料のクレジットカードであれば極端な話、何枚作ってもコストは発生しません。クレジットカードを発行する手続きの手間ぐらいなものです。

大型スーパーのクレジットカードは、近くに大型スーパーが何件もあるのであれば、複数枚所持することもおすすめの方法のひとつなのです。

割引の適用日が大型スーパーによって違うので、複数枚併用する方法もあるのです。

例えば

  • イオン 毎月20日、30日:5%OFF
  • 西友 毎日:3%OFF+毎月5日、25日:5%OFF
  • イトーヨーカドー 毎月8日、18日、28日:5%OFF

すべて利用すれば、最低でも毎日3%OFF、月6日は5%OFFで買い物ができる計算になります。

まとめ

大型スーパー利用でクレジットカードの比較ポイントは

  • 家や会社の近くにある、日常使いできる大型スーパーのクレジットカードを選ぶ
  • 割引率と割引適用日は合わせて比較する
  • 電子マネーが付帯されているクレジットカードがおすすめ
  • 複数枚持つことも検討すること

が重要だと言えます。