ショッピングセンター利用でおすすめの「ルミネカード」について解説します。

「ルミネカード」とは

lumine_cardルミネカードはJR東日本の子会社である株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。ルミネはJR東日本の駅ビル型ショッピングセンターなので、同じJR東日本グループのビューカードがクレジットカードを発行しているのです。

ルミネ利用時の特典はもちろんのこと、Suicaチャージでのポイント倍増やSuica定期券の搭載などもできる優れモノのクレジットカードとなっています。

「ルミネカード」でショッピングセンター利用での特典

ルミネ・NEWoMan(ニュウマン)でのお買い物がいつでも5%OFF
年に数回キャンペーン時には10%OFF

貯めたポイントのルミネ商品券への交換レートが高い

ルミネ商品券 650ポイント → 2000円分(1ポイント=3.07円)
ルミネ商品券 1250ポイント → 4000円分(1ポイント=3.2円)

電子マネーSuicaへの交換 400ポイント → 1000円分(1ポイント=2.5円)

ルミネ商品券への交換レートが高く設定されています。

「ルミネカード」でショッピングセンター利用でのその他のチェックポイント

年会費

初年度年会費無料
2年目以降:年会費953円(税抜)

ポイントプログラム

通常のポイント還元率:0.50%

Suicaチャージ:ポイント3倍(ポイント還元率:1.50%)

Suicaチャージで貯めたポイントをルミネ商品券へ交換すれば ポイント還元率:1.92%

通常のポイント還元率は高くありませんが、Suicaチャージや定期券の購入はポイントが3倍になります。ルミネ商品券への交換をするのであれば、かなりの高還元率クレジットカードになるのです。

定期券搭載機能あり
オートチャージ機能あり

Suica利用のクレジットカードとしても有効に利用できます。

「ルミネカード」がショッピングセンター利用でおすすめのポイント

JR東日本の駅ビル型ショッピングセンター「ルミネ」で買物する機会の多い方は、Suicaチャージとルミネ商品券への交換でポイント還元率1.92%まで引き上げられます。また、Suicaの定期券搭載やオートチャージも使えるので定期券用のクレジットカードとしてもおすすめです。また、ルミネでの買い物は常時5%OFFで本、DVD、化粧品、レストランや食品も適用されます。

「ルミネカード」がショッピングセンター利用でおすすめできないケース

一番のデメリットは、年会費が2年目から有料であることとルミネは都心部にしかないことです。大宮、北千住、池袋、有楽町、新宿、ルミネエスト新宿、立川、横浜、町田、荻窪、藤沢、川越、ルミネマン渋谷、ルミネ・ザ・キッチン品川ぐらいにしか店舗がないので、首都圏にお住まいの方しか活用できません。また、2年目から年会費が発生するのでサブカードとしては使いにくいデメリットもあります。

「ルミネカード」のスペック

カード名
ルミネカード
ルミネカード
  • ルミネでの買い物がいつでも5%OFF
  • キャンペーン中は10%OFF
  • 年会費初年度無料
  • Suica付帯可能
  • Suicaチャージでポイント3倍
キャンペーン
-
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA/JCB/MasterCard0円953円-0.50%1.92%--
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
約10日間Suica/PASMO/ICOCA/Kitaca/TOICA/モバイルSuica477円500万円1000万円--18歳以上
ルミネカード 詳細はこちら