クレジットカードをその日のうちに作る「即日発行」でおすすめの「エポスカード」について解説します。

「エポスカード」とは

epos_card

エポスカードはOIOIでおなじみのマルイグループのカード会社「株式会社エポスカード」が発行しているクレジットカードです。

マルイと言えば、首都圏、とくに都内の主要都市にあるショッピングセンターで若者に人気があります。マルイグループのクレジットカードですので、当然、マルイでの買い物がお得になる特典がありながら即日発行というニーズにも答えているのです。

「エポスカード」で即日発行ができる仕組み

エポスカードはマルイグループのクレジットカードです。

そのため、マルイの店舗でクレジットカードの発行が可能になっているのです。店舗でのクレジットカード発行ができるからこそ、即日発行が可能になります。

店舗がなければ即日発行はできないため、マルイの店舗がある東京を中心とした一都三県、関西エリアに限定した即日発行可能なクレジットカードと言えます。

「エポスカード」の即日発行の流れ

  1. マイル各店カードセンターへ行く
    申込書に記入する
    本人確認書類を持参する
    銀行口座番号と銀行届出印を持参する
    約30分でカード発行
    当日は仮カードを発行(すぐに利用可能)
    エポスカードは3週間程度で自宅へ到着

「エポスカード」の即日発行の特徴

土日休日でも発行可能

マルイは土日休日も営業をしています。つまり、土日休日でも、会社帰りでも、クレジットカードの即日発行、即日受取が可能になるのです。

「エポスカード」の即日発行でおすすめのポイント

即日発行のクレジットカードを選ぶときのポイントは「即日発行がスムーズにできること」「今後サブカードとして持っていても邪魔にならないクレジットカード」の2点です。

「エポスカード」のメリットは、マルイでの買い物で力を発揮することにあります。CMでご存知の方も多いと思いますが、マルイは年4回「マルコとマルオの7日間」というキャンペーンを行っています。このときにマルイカードで買い物すると店舗でも、通販でも、10%OFFで買い物ができるのです。

また、ロイヤルホストでの食事が10%OFF、シダックスのルーム料金30%OFFなど割引が可能な提携店舗がいくつかあるのです。

即日発行で役目を終えたら、サブカードとして持っておいて、特定の店舗を利用したときにだけ提示する分にはおすすめできるクレジットカードなのです。

「エポスカード」が即日発行でおすすめできないケース

マルイがないエリアでは即日発行ができません。

マルイは東京都内に多く、千葉・神奈川・埼玉、兵庫・大阪・京都・静岡・茨城・仙台など一部の都道府県にしかありません。また、東京都内以外は1県に1店舗しかないため、都内にアクセスできる方以外は即日発行で受け取りに行くことができないというケースがあるのです。この場合は即日発行自体ができないため、おすすめできないのです。

「エポスカード」のスペック

カード名
エポスカード
エポスカード
  • 最短即日発行可能。土日休日も受取可
  • 年会費永年無料。優待店舗5000店舗
  • 年4回「マルコとマルオの7日間」10%OFF
  • ETCカードも年会費無料
  • 海外旅行傷害保険も無料付帯
キャンペーン
8,000円分のポイント
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA0円0円-0.50%5.00%0.25%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
即日(最短30分)発行-0円500万円---18歳以上
エポスカード 詳細はこちら