ANAマイルでおすすめの「ANA VISA Suicaカード」について解説します。

「ANA VISA Suicaカード」とは

ANA VISA Suicaカードは全日本空輸株式会社が発行するクレジットカードです。ANAカードとSuicaの機能が1つになったクレジットカードとして使いが手の良いクレジットカードになっています。ANAカードですので、フライトでのボーナスマイル、NAカード会員専用運賃、空港店舗内「ANAFESTA」10%OFF、機内販売10%OFFなどのANAを利用する方への特典が用意されています。入会キャンペーンのマイルも、かなりのマイル数となっているため、ANAマイルが貯まるクレジットカードとしておすすめです。

「ANA VISA Suicaカード」のANAマイルの貯まり方詳細

ショッピングでANAマイルを貯める

通常のクレジットカード支払い

ワールドプレゼント

1,000円利用 = 1ポイント

  • 5マイルコースの場合  5マイル
  • 10マイルコースの場合 10マイル ※マイル移行手数料5,000円/年

フライトでANAマイルを貯める

  • 入会登場ボーナス:1000マイル
  • 毎年初回登場ボーナス:1000マイル
  • 登場ごとのボーナス:+10%

「ANA VISA Suicaカード」の年会費

年会費:2,000円(税別)※初年度年会費無料キャンペーンあり

「ANA VISA Suicaカード」がANAマイルでおすすめのポイント

ANA VISA SuicaカードはANAカードのため、通常のショッピング利用でも10マイルコースならANAマイル還元率1.0%になりますし、Suicaチャージでも同様にポイント経由でANAマイルが貯まるクレジットカードです。Suica機能があるANAカードとして使い勝手が良いのはもちろんですが、ANAカードの入会キャンペーンがかなり手厚いマイル数になります。3万マイル~4万マイル程度の入会キャンペーンが用意されています。キャンペーンはリボ払い、家族カード、iD利用・・・など達成にコスト負担がかかるものもあるので、慎重に検討する必要がありますが「リボ払いにて合計5万円以上の利用」という条件さえクリアしてから、リボ払いを解除してしまえば良いので、入会キャンペーンで上手にマイルを貯めることをおすすめします。

「ANA VISA Suicaカード」がANAマイルでおすすめできないケース

大きなデメリットはありませんが、ANAカードとは言っても、10マイルコースを利用してやっとマイル還元率が1.0%、しかも移行手数料が6,000円(税別)発生するので、ショッピングだけでマイルが貯まりやすいクレジットカードとは言い切れないのです。飛行機に乗らないのであれば、他のクレジットカードの方がANAマイルは貯まりやすいのです。

「ANA VISA Suicaカード」のスペック

  • 10マイルコースANAマイル還元率1.0%
  • 無料5マイルコースANAマイル還元率0.5%
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイル
  • フライトボーナス10%
  • Suica機能搭載、オートチャージも可能
キャンペーン
22,000円分のポイント
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA0円2,000円①カード利用代金WEB明細書サービス利用&過去1年間に6回以上の請求があると1,500円(500円割引)
②「マイ・ペイすリボ」登録後、年に1回以上カードの利用で788円(1312円割引)
0.50%0.50%0.50%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
3週間程度iD/PiTaPa/Suica/モバイルSuica/iD(携帯)0円1000万円--100万円18歳以上
ANA VISA Suicaカード 詳細はこちら