money3128_128ポイント還元率でおすすめの年会費永年無料クレジットカードのおすすめランキングです。

ポイント還元率(年会費有料)クレジットカードのおすすめランキングの順位付けのポイント

1.ベースのポイント還元率の高さ

ポイント還元率で選ぶときに重要なのは、どこのお店やインターネットのショップで使っても、同じようにポイントがつくポイント還元率のベースが高いクレジットカードであることです。クレジットカードを使う店が特定の店で固定されている方でない限りは、、ベースのポイント還元率の高さが貯まるポイントに影響してくるのです。

2.ポイントの倍増

一定条件をクリアするとポイントが倍増するクレジットカードで、倍率が高いクレジットカードを選ぶことがポイントを貯めるコツと言えるでしょう。

ベースのポイント還元率が高いクレジットカードでも、年会費が有料のクレジットカードの多くは、ポイント倍増も充実していることが多く、2%、3%というポイント還元率になることもあるのです。

3.ポイント還元率と年会費のバランス

年会費が有料のクレジットカードも含めて、比較検討するのであれば重要になるのはポイント還元率と年会費のバランスです。

ポイント還元率が驚くほど高くても、年会費が高ければ意味がありませんし、年会費が無料でもポイント還元率が低ければ意味がないのです。また、ポイント還元率というのは当然ながら年間のカード利用額に応じて得られるポイントが変わってきます。

年間のカード利用額を想定して、得られるポイント額と年会費を引き算して、合算したお得額で比較しなければならないのです。

例えば、カードA「年会費永年無料:ポイント還元率1.0%」、カードB「年会費3000円:ポイント還元率1.5%」の場合

年間のカード利用額:50万円

カードA「年会費無料:ポイント還元率1.0%」 → 5000円分ポイント
カードB「年会費3000円:ポイント還元率1.5%」 → 7500円分ポイント - 年会費3000円

カードAの方がお得

年間のカード利用額:100万円

カードA「年会費無料:ポイント還元率1.0%」 → 10000円分ポイント
カードB「年会費3000円:ポイント還元率1.5%」 → 15000円分ポイント - 年会費3000円

カードBの方がお得

年間の利用額が50万円の人の場合には、年会費無料のカードAの方がお得ということになりますし、年間の利用額が100万円の人の場合には、年会費有料のカードBの方がお得ということになるのです。

4.キャンペーン

同じポイント還元率であるならば、キャンペーンが手厚いクレジットカードをおすすめします。キャンペーンで数千円のポイントがプレゼントされるクレジットカードも少なくないのです。

ポイント還元率(年会費有料)クレジットカードのおすすめランキング

1位:リクルートカードプラス

ポイント還元率(年会費有料)でおすすめのポイント

リクルートカードは、ベースのポイント還元率が2.0%と高いことが最大の魅力です。ベースのポイント還元率がここまでポイント還元率が高いクレジットカードは他になく、業界トップクラスの高ポイント還元率カードと言っていいでしょう。

また、ポンパレモールやじゃらんなどリクルートが運営しているネットサービスでポイントが2倍、3倍と倍増してたまります。リクルートカードは「ベースのポイント還元率」「ポイント倍増条件」「キャンペーン」とポイントを貯める総合力の高いクレジットカードと言えます。

  • ベースのポイント還元率2.00%
  • ポンパレモールやじゃらんで+2.0%~
  • 年会費2,000円(税別)
  • ETCカードは年会費無料
  • 海外・国内旅行保険最高3000万円付帯
  • ショッピング保険最高200万円付帯
キャンペーン
-
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA/JCB2,000円2,000円-2.00%2.00%--
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
VISA約1週間、JCB約3週間QUICPay/楽天Edy/SMART ICOCA/nanaco/モバイルSuica0円3000万円3000万円-200万円18歳以上
リクルートカードプラス 詳細はこちら

2位:REX CARD(レックスカード)

ポイント還元率(年会費有料)でおすすめのポイント

REX CARD(レックスカード)は若干ポイントの改悪が続き、ポイント還元率は低くなってしまいましたが、それでも1.5%のポイント還元率を誇るクレジットカードです。

初年度年会費無料なので、1年間試して使ってみて、ポイントの貯まり具合と年会費コストを計算して、継続するか?他のクレジットカードに乗り換えるか?を考えても良い、使い勝手の良いクレジットカードと言えます。リボ払いにするとさらにポイント還元率を上げられます。

  • ベースのポイント還元率1.50%
  • リボ払いで+0.25%~
  • 初年度年会費無料
  • 年会費2,500円(税別)
  • 50万円以上の利用で次年度年会費無料
キャンペーン
-
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA0円2,500円前年度の本会員と家族会員のクレジット支払合計金額が50万円以上の場合、次年度無料1.50%1.75%0.30%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
申込から3週間前後-0円2000万円1000万円-100万円18歳以上
REX CARD(レックスカード) 詳細はこちら

3位:Reader’s Card(リーダーズカード)

ポイント還元率(年会費有料)でおすすめのポイント

Reader’s Card(リーダーズカード)はベースのポイント還元率は1.1%と年会費無料のクレジットカードと比較して若干高い程度のポイント還元率ですが、Amazon限定デポジットとのポイント交換をすると1.32%までポイント還元率が引き上がります。Amazon.co.jp利用の多い方におすすめの高還元率カードと言えます。

  • ベースのポイント還元率1.10%
  • Amazon限定デポへの交換で1.32%~
  • 初年度年会費無料
  • 年会費2,500円(税別)
  • 50万円以上の利用で次年度年会費無料
キャンペーン
-
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA0円2,500円前年度の本会員と家族会員のクレジット支払合計金額が50万円以上の場合、次年度無料1.10%1.32%--
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
-楽天Edy0円2000万円1000万円--18歳以上
Reader’s Card(リーダーズカード) 詳細はこちら