クレジットカードで効率よくポイントを貯めるのに重要な「ポイント還元率(年会費有料)」でおすすめの「リクルートカードプラス」について解説します。

「リクルートカードプラス」とは

recruit_plus_card

リクルートが発行している高還元率のクレジットカードです。年会費が2,000円(税別)と有料ですがベースとなるポイント還元率が高いクレジットカードとして人気があります。また、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が最高3000万円、ショッピング保険が最高200万円と十分な保険が付帯されていて、総合的な使い勝手も良いクレジットカードです。

リクルートが運営している「ポンパレモール」「じゃらん」「ホットペッパービューティー」などで支払いをするとさらにポイントが倍増します。

「リクルートカードプラス」のポイント還元率(年会費有料)の詳細

どこで使っても有効になるベースのポイント還元率

ベースのポイント還元率:2.0%

ポイントの倍増条件とポイント還元率

リクルートが運営しているネットサービスの利用でポイントが倍増します。

  • じゃらん +ポイント2%
  • じゃらんゴルフ +ポイント2%
  • ホットペッパーグルメ +ポイント2%
  • ホットペッパービューティー +ポイント2%
  • ポンパレ +ポイント2%
  • ポンパレモール +ポイント2%
  • AirWALLET +ポイント2%

貯まるポイントと使いみち

貯まるポイント:リクルートポイント

使いみち:リクルート運営サービス(※ギフト券などの交換も可能)
Pontaポイントと交換可能

ポイント還元率と年会費のバランス

年会費永年無料でポイント還元率1.0%のクレジットカードと比較すると年会費2,000円(税別)でポイント還元率2.0%のリクルートカードプラスがお得になる分岐点は

年間20万円のカード利用です。

年間20万円のカード利用で、年会費永年無料のクレジットカードと同等になるため、年間30万円以上のカード利用が見込める方であれば、年会費が有料でも十分にメリットがあると言えます。

「リクルートカードプラス」のポイント還元率(年会費有料)でおすすめのポイント

ベースのポイント還元率の高さが最大の魅力と言っていいでしょう。ベースのポイント還元率が高い為、どのお店やネットサービスで利用しても、効率的にポイントが貯まるためメインカードとしての利用がおすすめです。

ポイント還元率が2.0%というのは業界トップクラスの高還元率なので、年間30万円以上のカード利用があればポイント分で年会費は十分にペイします。リクルートサービスを利用すればさらに効率的にポイントが貯められるメリットがあります。

「リクルートカードプラス」がポイント還元率(年会費有料)でおすすめできないケース

リクルートカードプラスの弱点は、ポイントの使いみちが限られていることです。基本的にはリクルートの運営サービスにしかポイントは利用できないことになっています。ポイントをたくさん貯めても使い勝手が悪いというデメリットがあるのです。

ただし、リクルート運営サービスにも、ショプリエというファッションアプリがあり、こちら経由で大丸などのショッピングセンターの商品券と交換可能です。また、Pontaポイントと交換もはじまったため、ポイントの使いみちに困ることはなくなったと言っていいでしょう。

「リクルートカードプラス」のスペック

  • ベースのポイント還元率2.00%
  • ポンパレモールやじゃらんで+2.0%~
  • 年会費2,000円(税別)
  • ETCカードは年会費無料
  • 海外・国内旅行保険最高3000万円付帯
  • ショッピング保険最高200万円付帯
キャンペーン
-
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA/JCB2,000円2,000円-2.00%2.00%--
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
VISA約1週間、JCB約3週間QUICPay/楽天Edy/SMART ICOCA/nanaco/モバイルSuica0円3000万円3000万円-200万円18歳以上
リクルートカードプラス 詳細はこちら