クレジットカードで効率よくポイントを貯めるのに重要な「ポイント還元率(年会費有料)」でおすすめの「REX CARD(レックスカード)」について解説します。

「REX CARD(レックスカード)」とは

rex_card

REX CARD(レックスカード)は「価格.com」を運営する株式会社カカクコムと株式会社ジャックスが提携して発行するクレジットカードです。

以前よりはポイント還元率は低くなってしまいましたが、年会費が2,500円(税別)と有料ですがポイント還元率は1.5%と高還元率の設定となっています。また、貯まるポイントは「Jデポ」と呼ばれるキャッシュバックと交換ができるため、直接的に請求額から値引きが可能になります。

また、リボ払いで+0.5%、「価格.com安心支払いサービス」での支払いで+0.25%とさらにポイント還元率が上がるサービスもあるのです。

「REX CARD(レックスカード)」のポイント還元率(年会費有料)の詳細

どこで使っても有効になるベースのポイント還元率

ベースのポイント還元率:1.5%

ポイントの倍増条件とポイント還元率

  • リボ払い:2.0%
  • 「価格.com安心支払いサービス」:1.75%(リボ払い:2.0%)

貯まるポイントと使いみち

貯まるポイント:REX POINT

使いみち:Jデポ → 請求額から値引き「キャッシュバック」が可能

ポイント還元率と年会費のバランス

年会費永年無料でポイント還元率1.0%のクレジットカードと比較すると年会費2,500円(税別)でポイント還元率1.5%のREX CARD(レックスカード)がお得になる分岐点は

年間50万円のカード利用です。

年間50万円のカード利用で、年会費永年無料のクレジットカードと同等になるため、年間70万円以上のカード利用が見込める方であれば、年会費が有料でも十分にメリットがあると言えます。

「REX CARD(レックスカード)」のポイント還元率(年会費有料)でおすすめのポイント

ベースのポイント還元率の高さが最大の魅力と言っていいでしょう。ベースのポイント還元率が高い為、どのお店やネットサービスで利用しても、効率的にポイントが貯まるためメインカードとしての利用がおすすめです。

また、キャッシュバック機能があるため、貯めたポイントの使いみちに悩む必要がありません。請求額からポイント分を値引きできるため、ポイントが確実に活用できるメリットがあります。

「REX CARD(レックスカード)」がポイント還元率(年会費有料)でおすすめできないケース

REX CARD(レックスカード)の弱点は、ポイント還元率が高くなる条件があまり良くないということです。リボ払いでポイント還元率は上がりますがリボ払い手数料が発生するので意味がありません。「価格.com安心支払いサービス」もポイント還元率は上がりますが有料のサービスです。つまり、ポイント還元率の上昇分以上のコストが必要なのです。ここがおすすめできない理由です。

「REX CARD(レックスカード)」のスペック

  • ベースのポイント還元率1.50%
  • リボ払いで+0.25%~
  • 初年度年会費無料
  • 年会費2,500円(税別)
  • 50万円以上の利用で次年度年会費無料
キャンペーン
-
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA0円2,500円前年度の本会員と家族会員のクレジット支払合計金額が50万円以上の場合、次年度無料1.50%1.75%0.30%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
申込から3週間前後-0円2000万円1000万円-100万円18歳以上
REX CARD(レックスカード) 詳細はこちら