ゴールドカードでおすすめのクレジットカード「三井住友VISAゴールドカード」について解説します。

「三井住友VISAゴールドカード」とは

smbc_visa_gold_card三井住友VISAカードのプロパーゴールドカードが三井住友VISAゴールドカードです。プロパーカードのゴールドカードとして信頼性は高く、写真入りICカードや海外旅行傷害保険の家族特約、一流旅館・ホテル宿泊優待予約プラン、安心の健康相談ドクターコール24、ゴールド専用デスクなど幅広い特典が用意されています。どれかに特化した特典ということではなく、全方位的に高水準の特典が用意されている総合力の高いゴールドカードと言えます。

「三井住友VISAゴールドカード」のゴールドカードチェックポイントの詳細

1.ゴールドカードのステイタス性

三井住友VISAカードは、厳密に言えばVISAブランドのプロパカードではありませんが、日本ではほぼ「VISAブランド=三井住友VISAカード」として認知されてきているため、ほぼ同じようなレベルでのステイタスと社会的信頼性を保持しています。

2.ゴールドカードの海外旅行時の特典

旅行保険

  • 海外旅行傷害保険は最高5000万円の補償
  • 家族特約があるため、カード会員でない家族にも海外旅行傷害保険が適用される

※ただし、一部利用付帯です。

空港ラウンジ

国内主要空港でラウンジが無料

3.ショッピング&エンターテインメントの特典

一流旅館・ホテルを厳選した会員制宿泊予約サービス「relux(リラックス)」

全国の一流旅館・ホテルで「relux(リラックス)」が提供している格(最低価格を保証している価格)から、さらに3,000円が割引されて利用できます。

「三井住友VISAゴールドカード」のゴールドカードでおすすめのポイント

三井住友VISAゴールドカードは、「安心」というキーワードに力を入れているゴールドカードです。高度な暗号化技術によるセキュリティー機能に優れたICカード、ゴールドデスク、手厚いショッピング保険、医師への24時間・年中無休の無料電話相談、海外旅行傷害保険の家族特約などです。ゴールドカードとしての特典はそれほど多くありませんが「安心」と「信頼」という視点で選ぶ場合におすすめのゴールドカードとなっています。

「三井住友VISAゴールドカード」がゴールドカードでおすすめできないケース

「海外の空港ラウンジを利用したい。」「海外のホテルやレストランの優待が欲しい。」という場合には、三井住友VISAゴールドカードは海外向けの特典が手薄なのでおすすめできません。海外旅行を重視する場合には、アメックスやダイナースなどのT&Eカードをおすすめします。

「三井住友VISAゴールドカード」のスペック

  • 三井住友VISAカードのプロパーゴールドカード
  • 国内主要空港ラウンジが無料
  • 医師への24時間・年中無休の無料電話相談
  • 一流旅館・ホテルを厳選した「relux」3000円割引
  • 海外旅行傷害保険最高5000万円、家族特約あり
キャンペーン
8,000円分のポイント
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA/MasterCard0円10,000円①カード利用代金WEB明細書サービス利用&過去1年間に6回以上の請求があると1,000円割引
②「マイ・ペイすリボ」登録後、年に1回以上カードの利用で年会費半額
③前年度利用合計額が100万~300万円未満:次回年会費20%引、300万円以上:次回年会費半額
※①③:重複可、他:最も割引率の高いものを適用
・VISA・MasterCard2枚選択:12600円
0.50%1.00%0.30%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
最短3営業日iD/PiTaPa/WAON/iD(携帯)500円5000万円5000万円-300万円30歳以上
三井住友VISAゴールドカード 詳細はこちら