creditcard2128_128プロパーカード発行でクレジットカードを比較するときのポイントはどこにあるのでしょうか?ここではプロパーカード発行でクレジットカードを選ぶ際の比較すべきポイントについて解説します。

1.プロパーカードで重視するチェックポイント

プロパーカードというのは、国際ブランドのクレジットカード会社が発行している自社発行のクレジットカードを意味します。

ポイント還元率や年会費永年無料という点で見ると、提携企業とクレジットカード会社が発行する提携カードの方がメリットが大きいのですが、プロパーカードは国際ブランド自身が発行しているクレジットカードならではのメリットがあります。

  • 国際ブランドの信用に直結するのでサービスの質が高い
  • 提携カードと違って、カードの発行停止などがなく、使い続けられる
  • ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードなどの上位カードがある
  • ステイタス性は高い

このようなメリットがあるからこそ、長く持つクレジットカードとしては、プロパカードがおすすめできるのです。

1.国際ブランドの信頼性

国際ブランドの信頼性でプロパーカードは選ぶべきです。

  • 世界No.1シェアで世界中で使えることを重視するのであればVISA
  • エグゼクティブが使うという信頼性を重視するのであればアメックス
  • 日本国産の国際ブランドというセイン頼性を重視売るのであればJCB

といった具合です。

日本ではMasterCardのプロパーカードは存在しないので、上記にダイナースを含めた4つぐらいしか選択肢はありません。

  • 海外利用を重視するならVISAがおすすめ
  • 高額なカード利用や対外的なステイタスを重視するならアメックスがおすすめ
  • 日本国内で信頼性の高いサービスを重視するならJCBがおすすめ

と考えれば良いでしょう。

2.サービスの質の高さ

プロパーカードはサービスの質の高さが売りと言ってもいいでしょう。

例えば

三井住友VISAカードであれば、写真付きのIDカードで世界トップクラスのセキュリティ技術を備えています。

JCBカードであれば、ポイントが倍増するJCBオリジナルシリーズは、提携カードにはない大手チェーン店「セブンイレブン、スターバックス・・・」での利用でポイントが倍増するメリットがあります。

アメリカン・エキスプレス・カードであれば、海外空港ラウンジの無料利用、手荷物無料宅配、空港までのハイヤー送迎、手厚い海外旅行傷害保険など海外旅行で活躍するメリットがあります。

プロパーカードごとに得意な分野が異なるのです。

3.上位カードのバラエティと質

プロパーカードは、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと上位カードを用意しています。

これらの上位カードを持っているということは、それだけ年収が高いことの証明でもあるため、社会的信用が高くなります。

また、チャーター機の利用、専用コンシェルジュデスク、無料のスイートルームへのアップグレードなど、本当に選ばれた人しか受けられないサービスが用意されているのです。

これらの上位カードは基本的には一般カードのカード利用額とカード利用年数を積み上げた上で、インビテーション(招待)が送られてくる形で取得することが可能です。

インビテーション(招待)がゲットできるのか?ということ自体を楽しみにクレジットカードを使うこともできるのです。どんな上位カードがあるのか?もプロパーカードを比較する上での検討事項になります。

4.年会費負担

プロパーカードは年会費が発生するものです。年会費永年無料がよければはじめからプロパーカードではなく、提携カードを選ぶべきなのです。

プロパーカードは年会費が有料であっても、それに見合うメリットがあります。メリットと年会費を比較したうえで、自分なりのコストパフォーマンスを見定めてプロパーカードを選ぶことをおすすめします。

まとめ

プロパーカードを比較するときは「一生ともに成長していくクレジットカード」と考えるべきです。

自分が社会に出て、新卒から、課長、部長、役員、経営者・・・と社会的地位をステップアップさせるのと同時に、持っているプロパーカードのランクも上がり、受けられるサービスもどんどんレベルアップしていくというものです。

クレジットカードを比較するときには、ポイントや年会費ということを重視するケースもありますが、プロパーカードの場合は、将来を見越したメリット、受けられるサービスの質、対外的なステイタス性などが重要度の高い比較検討項目なのです。

「使い続けるプロパーカードを選ぶならどれ?」という視点でプロパーカードを比較することをおすすめします。