creditcard2128_128

プロパーカードでおすすめのクレジットカードおすすめランキングです。

プロパーカードのおすすめランキングの順位付けのポイント

1.信頼性

プロパーカードを持つということは、年会費永年無料のクレジットカードと比較すると年会費有料のものが多いので、それ以上のメリットがあることを意味します。そのメリットの一つとして「信頼性・ステイタス性」というのが大きな要素を占めているのです。プロパーカードを持つのであれば対外的なステイタス性の高いクレジットカードがおすすめです。

2.サービスの質の高さ

プロパーカードは国際ブランドやカード会社自社のみで発行しているクレジットカードですから、カード会社にとっては提携カードよりも収益が見込めるクレジットカードであることを意味します。当然、その分を会員へのサービスへ還元できるので、色々な優遇サービスを用意できるのです。空港関連サービス、コンシェルジュサービス、各種優待サービス、各種保険、限定イベントなどサービスの質で比較すべきです。

3.上位カードのバラエティと質

プロパーカードの場合は、一般カードの上位カードとして、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、(クリスタルカード)が存在します。長く使い続けることで上位カードへのインビテーション(招待)が届くことになります。今現在は年収が高くなくて上位カードにできなくても、将来利用し続ければ上位カードを持つ可能性も高いのです。上位カードを狙うためにプロパーカードを持つ方も少なくありません。ということは上位カードの質も重要な比較検討材料になるのです。

4.年会費負担

プロパカードは本来年会費負担を意識して比較するものではありません。年会費負担を抑えたいのであれば年会費永年無料のクレジットカードで十分だからです。しかし、有料の中でも年会費が1万円なのか?1000円台なのか?では大きく意味合いが変わってくるため、ランキング要素にも組み込んでいます。

プロパーカードのおすすめランキング

1位:三井住友VISAクラシックカード

プロパーカードでおすすめのポイント

三井住友VISAカードは、世界1位のシェアを誇るVISAブランドのプロパーカードです。三井住友VISAカードは、世界標準で押しも押されぬ定番のプロパーカードということになります。同じように世界シェアを争っているMasterCardは日本ではプロパーカードを発行していませんので、シェア1位ということであれば三井住友VISAカードが一番おすすめのカードということになります。サービスとしても、写真入りICカードなどのセキュリティ対策や各種付帯保険が充実しているなど、安心して使い続けられるクレジットカードとなっています。

  • 三井住友VISAカードのプロパーカード
  • 世界シェアNo1のVisaブランド
  • ICチップ搭載で高セキュリティ
  • 世界主要都市にある「VJデスク」で観光サポート
  • 電子マネー「iD」利用可能
キャンペーン
8,000円分のポイント
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
VISA/MasterCard0円1,250円①カード利用代金WEB明細書サービス利用&過去1年間に6回以上の請求があると500円割引
②「マイ・ペイすリボ」登録後、年に1回以上カードの利用で年会費無料
③前年度利用合計額が100万~300万円未満:次回年会費半額、300万円以上:次回年会費無料
※①③:重複可、他:最も割引率の高いものを適用
・VISA・MasterCard2枚選択:1574円
0.45%1.00%0.30%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
最短3営業日iD/PiTaPa/WAON/iD(携帯)500円2000万円--100万円18歳以上
最短3営業日iD/PiTaPa/WAON/iD(携帯)500円2500万円2000万円-100万円18歳以上
最短3営業日iD/PiTaPa/WAON/iD(携帯)500円2000万円--100万円18歳以上
三井住友VISAクラシックカード 詳細はこちら

2位:JCB一般カード

プロパーカードでおすすめのポイント

JCBは日本で唯一の国際ブランドである「ジェー・シー・ビー」が発行しているプロパーカードです。世界シェアで見ると、VISA、MasterCardで後れを取っていますが、日本発の国際ブランドのプロパーカードですので、日本で利用しやすいサービスが充実しています。JCB ORIGINAL SERIESが利用できるため、セブンイレブンやスターバックス、Amazon.co.jpなど日常利用しやすい店舗でポイントが3倍~5倍になります。海外利用でもポイント2倍、キャンペーンもかなりの量があるので、お得さも兼ね備えたプロパカードと言えます。

カード名
JCB一般カード
JCB一般カード
  • スターバックスでポイント5倍
  • セブンイレブンでポイント3倍
  • プロパーカードの信頼性と将来性
  • 年間50万円以上の利用で翌年度年会費無料
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険 最高3000万円
キャンペーン
17,800円分のポイント
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
JCB1,250円1,250円「MyJチェック」の登録があり、12月16日~翌年12月15日の利用合計金額が50万円以上の場合、翌年の年会費が無料0.50%2.50%0.30%0.30%
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
1週間前後QUICPay0円最高3000万円最高3000万円-100万円限度(海外)18歳以上
JCB一般カード 詳細はこちら

3位:アメリカン・エキスプレス・カード

プロパーカードでおすすめのポイント

AMEX(アメックス)は言わずと知れば世界のエグゼクティブ向けの国際ブランドです。AMEX(アメックス)のカード利用者は他の国際ブランドの3倍以上の利用額を平均値で記録しているため、ホテルやレストランなどでもAMEXブランドのカードを提示すると優待サービスが受けられるなど、世界的にステイタス性の高いクレジットカードとして認知されているのです。アメリカン・エキスプレス・カードはAMEX(アメックス)のプロパカードであり、持っているだけで他の人から見た信頼性が高まるおすすめのクレジットカードです。年会費が高いことが唯一のネックと言えるでしょう。

  • ステイタス性抜群のエグゼクティブカード
  • 空港関連サービスが充実
  • 豪華な優待プログラム
  • ポイント還元率1.0%と高い
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険 最高5000万円
キャンペーン
10,000円分のポイント
国際ブランド初年度年会費(税別)2年目~年会費(税別)年会費特典ポイント還元率下限ポイント還元率上限ANAマイル還元率JALマイル還元率
AMEX(アメックス)12,000円12,000円-0.33%0.40%0.50%-
発行期間電子マネーETCカード年会費(税別)海外旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険死亡・後遺障害国内旅行保険携行品損害ショッピング保険入会資格年齢
約1ヶ月程楽天Edy/SMART ICOCA/モバイルSuica500円5000万円5000万円-500万円20歳以上
アメリカン・エキスプレス・カード 詳細はこちら